Latte + Latte

日々のことや、今はまっているものなどをかいていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |
拍手する

第10話感想

それでは以下、鋼10話感想です。
とうとうこの日が来ちゃったのね…??
ネタバレ注意です!












==========================

「第10話 それぞれの行く先」あらすじ
(もう考えるの面倒なのでメルマガのを転載(すいませ…))

病室にて第五研究所の顛末をアームストロングやヒューズたちに話すエドとアル。人柱、賢者の石の錬成陣、そしてウロボロスの入れ墨を持つ者たち・・・しかし謎は深まるばかり。そこへ突然、大総統キング・ブラッドレイが現れる。彼はエドたちに、軍内部に大総統の自分ですら掴みきれない不穏な存在があること、事態が判明するまで全員行動を慎めと告げる。しかし忠告むなしく、敵の魔の手は意外な人物へと伸びていくのだった…。

==========================


・OP前、いきなりイシュヴァール戦の一部が!
この辺の作画(というか今回は全体的に)良かったなぁ、好き。
三木さんの声ホントに大佐らしくなってきた、とか勝手に思いました。
むしろ若ロイは大川さんだと違和感あったかもしれないし。
ここでこのシーン出してきたということは、今後15巻内容やる時はロイ視点の話はやらず、完全にリザ視点でやることになるのかな~、とか今後の心配をしてみたり。よく考えたらあの15巻の内容って主にリザがエドに語ってる主観ということになってたよなぁと思うので。

・冒頭でイシュ戦の回想をしてたのって、お葬式の後のエピソードって事だったのかな?『異動になる前にやりかけの書類を…』『あまり寝ていない』というセリフがあったから。
中央へ異動になる話を原作で口にしたのは(ここでは省かれちゃってたけど)何を今更のシーンだったし。。。
あれ?でも前回ヒューズとロイの会話ですでに異動がもう決まったって話してたっけかな…まぁどっちでもいいんですがね☆

・ヒューズ、出番がかなり増やされてましたね!

あ~~……分かっていたけど、電話ボックスのシーンは本当につらかった…です(ノД`) 『ヒューズ!』って言ってる大佐の声が聴こえてくる受話器をヒューズがなんとか取ろうとして、それをエンヴィーが先に取って戻しちゃうのとか。エンヴィーが『人間って愚かだよね~』って言ってるのとか。その後家族のことを思いながら息を引き取ってしまうのとか、辛さ倍増する演出が増えていて余計に…泣けちゃうじゃないか。。。

・EDのクレジットでも、エルリック兄弟のすぐ次にヒューズの名前があって、それを見ただけで余計に泣ける

・ヒューズの死をいまだ知らないエド達。
1期だと、ヒューズの幻影?みたいのを一瞬エドが見るシーンがあった気がする。。。その部分の演出とか、EDがまるまるお葬式のシーンに使われたりした所とかは1期のが好きだったかなぁ。

・『ついてくるか?』『何を今更』のやり取りの所、とても好きなのです。この二人の関係が非常によく表れたシーンだと思うので。

・軍部と言えば、今週発売のガンガン表紙は軍部メンバーじゃないですか…!!買う!買うよ!(笑)
よく考えたら表紙って基本は主人公が必ずいるものですよね?主人公が表紙のどこにもいない(というかいなくても成立してしまう)のってある意味珍しい(^_^;)

・そして中尉ファンな私の唯一の不満点→お葬式の時は正装だから黒のハイネックじゃないんだよな… → 細かすぎ
スポンサーサイト

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック

鋼【第二期アニメ】 | コメント:0 | トラックバック:0 |
拍手する
<<ペルソナ占い | HOME | 第9話感想、…と言いつつほとんど次回予告感想>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。