Latte + Latte

日々のことや、今はまっているものなどをかいていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |
拍手する

第25・26話感想(すいませ…)

先週あたりから体調崩し気味でして、感想上げる気力が
ありませんでした。毎週やってたことだったんですが…。
次の週からまたきちんと毎週上げられるようにしたいです。


15日発売のPSPソフト「背中を託せし者」、どうしよう;
購入するかどうか迷う。
暁の王子はWii持ってないから買わなかったけど。
明日発売のガンガンに着せ替えジャケットが付くみたいだし、
それこそまさに私向けな付録すぎて逆にソフト買わないと
いけないのかと思わされてしまうのが作戦なんですか、そうですか。



それより何かでちらっと見たのですけど、
……鋼5クールって本当なんですかね??
それならこれからの話をゆっくりやってくれそうで嬉しいんですが!
ついでにイシュ戦も2話くらい使ってしっかりやってほしいよ~。

それでは2話分まとめてですが、感想書かせて頂きますのでどうぞ~。


-------------------------------------------------


第25話「闇の扉」あらすじ
グラトニーに飲み込まれてしまったエド。気づいた所は、
果てしない血の海と暗闇が広がる不思議な空間であった。
なんとかリンと再会するも、脱出の手がかりはなく途方にくれる。
やがて彼らは、一緒に飲み込まれたエンヴィーとも再会。
エンヴィーはエドたちに、ここがグラトニーの腹の中であり、
“お父様”が作った真理の扉の失敗作である事を教え、入ったら最後、
二度と出る事はできないと告げるのだった。


第26話「再開」あらすじ
“お父様”に会うため、グラトニーと共にホムンクルス達の
アジトへ向かうアルとシャオメイ。途中、シャオメイを探すメイと
スカーも、彼らの後を追い地下へと潜入する。
一方、グラトニーの腹の中で、真の姿を現したエンヴィーと戦うエドと
リンだったが、エンヴィーの体を構成する人々の姿を見たエドは
攻撃をためらい、倒されてしまう。そのままエンヴィーに
飲み込まれゆくエド。だがその途上、朦朧とする意識の中で
クセルクセス遺跡にあった錬成陣を思い出したエドは、
グラトニーの腹から脱出する方法を思いつく。

-------------------------------------------------


・まず25話。エンヴィーがイシュ戦のきっかけを作った張本人だと暴露した辺りからの
話の盛り上がり?というか展開が良かった。エンヴィーの狂気じみた感じも良かったし、
変身後のエンヴィーのグロさといったらない(笑)
マンガで見るよりさらにドロドロな感じでらしさが出ていた気がします。
5時台にやって大丈夫なのか逆にまた心配になった。

・大総統と大佐の会話シーンで「あれ(セリム)は私の弱点になりえんよ」っていうセリフ。
原作読んでた時は純粋に『やっぱりホムンクルスだけに自分の家族のことを
なんとも思わないくらい冷徹なんだな』的ににしか思わなかったけど、後になって
今回みたいにアニメで改めてこの台詞を聴くと全然違う意味に聴こえます。
『(向こうもあれだし)こちらが心配する必要がないから』弱点になりえないということなんですね。
荒川先生はこういうところもしっかり細かいから凄いよなぁ。

・「自分自身の心配をしたまえ」が、「彼女は君の弱点になりうる」というセリフに
変更されておりましたが。原作だとマスタング組が解体させられるっていうニュアンスの方が
強いけど、アニメだと中尉は大佐の弱点だ、と直接的に言ってる描かれ方をしているので、
弱点…う~ん弱点という言い方でいいのか?とちょっと気になりました。
ただ単純に分かりやすくしようとしただけなのかなぁ、気にしすぎ?



・ここから26話。最後のシーンって、原作ありましたっけ??
(私が覚えていないだけか…)
EDの前奏と被りつつ扉が再び開いて、エドが「アルフォンス!アルフォンス!」
「待ってろ!」って叫んでいたのが個人的にすごく良かった。鳥肌立ちました。

・大総統の生い立ちをアニメで少し詳しめにやってましたね。
大総統若い!とか思ってしまいました。

・「すみません、使わせてもらいます」から最後のシーンまでの流れが良い。
その台詞の時にかかり始めた曲って、大佐VSラストの時もかかってた曲ですよね。
そういう特別な展開の時にしか使われない曲なのかな、この曲聴くとシリアスな気分というか、
いい意味で気持ちが引き締まるような気がします。

・あの手を合わせるポーズ~まるで神への祈りじゃないか、っていうリンのセリフ、
凄いお気に入りなんです。アニメで聴けたからめっちゃ満足…!!
その後のエンヴィーの一部になっていた人?が「ありがとう…」っていう辺りの前後の
エドの表情とか大好き。振り返り方とか演出も良かったっす。

・エンヴィーをずっと観察してたら、体中のあの顔たち、ず~っと蠢いてるんですね………
やっぱりちょっとグロ…あの顔の割れ目からまた顔が出てくるのもちょっと観ていて「うっ」と
なりそうでした。そういうところもしっかり描写しているんだなぁと。
スポンサーサイト

テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック

鋼【第二期アニメ】 | コメント:0 | トラックバック:0 |
拍手する
<<ガソガソ09年11月号鋼100話!!! | HOME | paris match LIVE2009 Passion8 tour>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。