Latte + Latte

日々のことや、今はまっているものなどをかいていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |
拍手する

ペルソナ 22話☆

ムリです…書こうとしたけど文章まとまんない。
ちょっとずつ追記していくと思います。

以下ネタバレ注意


「さよなら」って、洵……!!

どういうこと!?



ソウタロウもマユリも、ただただ哀しい……。
マレビトたちかわいそうだ…。・゚・(ノД`)・゚・。
マユリのところ、泣いちゃいました…。


そして叶鳴は……作られた存在=機械だったのを知って、ショックでした。
(なんだか…アイギスみたいだなぁと思いました。主人公に好意を持つ所とか)
いや、しかし試作品?って言ってた?
アイギスと違って桐条のラボみたいなところがないから、……え~っと………そうだ明彦!早くラボに連れてって、あげ、て…
そうでもしないとなんか次回イヤな予感がして仕方ないんですけど


ペルソナチェンジ?叶鳴はできるってことなのかな。
あのいかにも悪そうなのと、ころんとしたかわいいのと(あれって前に影抜きやめさせる時に出て来たのと同じかなぁ)2つでしょうか。



そして、その機械の部分が一部剥き出しになった手の平にハンカチを巻いてあげるめぐみがいい子すぎて泣けました…ノд-。)



*追記

教えて頂いたので、MBSいったらすでに来週のあらすじが…


第23話 絆を抱いて

自身の記憶が造られたものであり、九條によって操られていた事を知った叶鳴。失意の元、叶鳴は仲間達に別れを告げてひとり海へと向かう。だが彼女が立っていたのは、慎とのささやかな思い出が刻まれた場所だった。



叶鳴……。・゚・(ノД`)・゚・。

ショックだろうな…最初から自分が機械って分かってたらそれはそれでアイギスみたいに心の葛藤があるだろうけど、自分のことを分かってるかそうでないかで全然違うよなぁ。

予告の「あなたのことが好きだった」ってところ。…だった、って過去形で語られるのがなんかもう辛いです

それにしても、明彦とか戌井さんはそのことを知っていたのかな(-.-;)……案外知ってそう…な気がしてきた。


「ペルソナ」っていうシリーズ自体、ほんわかして全員幸せに!…みたいな展開にならないこと位はわかっていたつもりでしたが、なんかこれ…最終回どうなるのかしら。あと4回しかないのにどうやって収めるというの



*今週の戌井さん(なにこれシリーズもの…?)

警察のエライ人(中村さんっていってた?)に来いと言われ、そのままついていった戌井氏。

…ですがきっとあれは明彦もわかってて、わざと戌井さんはついていったに違いない!なんて思ってます(伊藤さんが驚いてたのは多分騙すなら味方から、ってやつでは)。ついていった先でいろんな情報をゲットしてくる訳ですよ
頑張れ!戌井さん!
スポンサーサイト

テーマ:PERSONA -trinity soul - ジャンル:アニメ・コミック

アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
拍手する
<<DVD鑑賞 | HOME | 図書館戦争#8>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。